親知らずを抜いた

親知らずを抜歯した。
筆者は体質的に非常に麻酔が効きにくい。
通常であれば痛覚は遮断されるものだが、私の場合はそうもいかないのだ。
そしてこれは体質的なものではないが、「麻酔を増やしてくれ」という注文をつけず、ガマンしてしまうところがある。
「いちいちうるさい客だな」
そう思われそうでイヤなのだ。
だから抜歯が決まってからの1週間は地獄だった。
激痛が確定で待っているワケなのだから…
その瞬間より、待っている時間の方が長く苦しいものである。
ようやくその時は訪れた。
さきほど抜歯は終了したのだが、歯科医の手際が非常によく、痛かったものの数秒で見事に抜いてしまった。
麻酔の残る歯茎に手を添え、謎の達成感に満ちている。