社労士にダブルライセンスは必要?鬼に金棒なダブルライセンスについて解説!

社労士としてさらに活躍の場を広げたい、需要の高い社労士になりたいという方には、社労士と別の資格のダブルライセンスがおすすめです。
ここでは、社労士のダブルライセンス取得を目指す社労士のメリットやおすすめの資格について紹介します。
社労士と関連資格の両方を持つことで、社労士資格だけを持っている人と差別化を図ることができます。
社内での昇進・昇格などのキャリアアップに有利になり、他の求職者よりも知識が豊富であることをアピールすることができます。
キャリアアップや転職は、収入アップやキャリアアップだけでなく、自分が望む働き方を実現することも可能です。
「責任ある立場で実力を発揮したい」
「より良い条件で働きたい」
という思いがある方は、ぜひダブルライセンスを目指しましょう。
社労士資格だけでも人事・労務のスペシャリストとして十分な信用を得ることができますが、ダブルライセンスを取得することでさらに信用が高まります。
例えば、社労士とファイナンシャルプランナーでは、具体的なファイナンシャルプランニングのサービスを提供することができます。
社労士と税理士であれば、税金だけでなく、労務や社会保険などもカバーすることができます。
このように専門性が加わることで、さまざまなニーズに応えることができ、クライアントからの信頼を得る可能性が高まり、信頼性の向上が継続的な依頼や新規顧客の獲得につながるのです。
また、社労士と関連資格のダブルライセンスは、起業や独立に有効な手段です。
関連資格で対応可能なサービスを提供できるようになり、ビジネスの幅が広がります。
前述したように、社労士とファイナンシャルプランナーのダブルライセンスを取得すれば、人事・労務コンサルティングだけでなく、資産運用のアドバイスやライフプランニングの提案も可能になります。
より多くの人が顧客となるため、新規顧客の獲得もしやすくなり、多くの人をサポートできるやりがいを感じることができます。
例えば、行政書士は官公庁に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類、契約書などを作成することができる国家資格です。
また、社会保険の知識を活かして手続きや書類の説明をしたり、書類作成後の労務手続きをワンストップで行うことも可能です。
行政書士としてビザを取得し、社労士として雇用対策を担当することができれば、外国人労働者の雇用支援も可能です。
その他にも活躍できる場面はたくさんありますので、ダブルライセンスの中でも特に狙っていきたい資格です。
まず社労士と言う方は。
社労士の資格は通信講座の活用が必須だと筆者は思っています。
下のページでは、私が社労士の通信講座を専門家目線で徹底比較し解説していますので、ぜひ受講前に目を通してもらえたらと思います。
おすすめの社労士通信講座を徹底比較