ホワイトハウスに新しい猫がお目見え!知られざるファーストキャットの歴史!

本日はアメリカのお話です。
ついに、ホワイトハウスに猫がきました!
アメリカのバイデン大統領の妻、ジル・バイデンさんが1月28日、自分のツイッターでいわゆる「ファースト・キャット」を公開しました。
ジルさんが投稿で明かしたこの猫の名前は、「ウィロー」。
「ウィロー」はグレーの短毛種で、ホワイトハウスですっかりくつろいでいるようです。
ジルさんが投稿した3枚の写真では、ホワイトハウスのレッドカーペットでくつろぐ姿が写っており、なんとも愛らしい ・・・・・・!?
CNNによると、Willowという名前は、ジルの故郷であるペンシルバニア州ウィローグローブからインスピレーションを得て名づけられました。ジルの愛がこもっていますね。
大統領夫人の広報担当者は2020年キャンペーンで、猫がステージに飛び乗り、「ウィローはホワイトハウスで、お気に入りのおもちゃやおやつ、嗅いだり探検したりするたくさんのスペースとともに、くつろいでいます」と語ったという。
さて、このウィローですがにはホワイトハウスに “友達 “はいるのでしょうか?
ウィローは現在、先日バイデン夫妻に迎えられたジャーマンシェパードの子犬「コマンダー」と一緒にホワイトハウスで生活しています。
バイデン夫妻はホワイトハウスでチャンプとメジャーという2匹のジャーマンシェパードを飼っていましたが、チャンプは2021年6月に13歳で亡くなっています。
もう1匹のメジャーは、ホワイトハウスの警備員に噛みつくという事件があったので、離れた場所で暮らしているそうです。
これまでのファーストキャットについて見ていきましょう。
1994年の「ファースト・キャット」。
ホワイトハウスの記者会見場で演台から周囲を見渡すクリントン家の猫「ソックス」。
トランプ前大統領時代はホワイトハウスにペットはおらず、オバマ大統領は「ボー」「サニー」というヤマアラシの水牛を飼っていたが、猫はいませんでした。
最後にホワイトハウスに住んだ猫は、ジョージ・W・ブッシュの猫「インディア」だったと言います。
「ウィリー」の愛称で親しまれたこの黒猫は、18年間ブッシュ家と暮らし、ブッシュ氏が大統領を辞める直前の2009年1月に死んだ。
あと、クリントン夫妻の白黒猫「ソックス」も有名です。
実はこのファーストキャットたちがアメリカ政治を牛耳っているのかもしれません。